【仮想通貨】Aidos Kuneen(ADK)の買い方や価格、将来性について

スポンサーリンク

この記事では仮想通貨Aidos Kuneen(ティッカーはADK)について、通貨の特徴や将来性、ADKを購入できる取引所について解説しています。

Aidos Kuneen(ADK)とは

Aidos Kuneen(ADK)は匿名性を重視して開発された仮想通貨です。

仮想通貨の中にはプラットフォームとして使用されるものもありますが、Aidos Kuneenはいわゆる「通貨」として使用されることを目的としています。

2017年の6月に公開され、通貨の最大発行枚数は2500万枚となっています。

Aidos Kuneen(ADK)の価格

Aidos Kuneenの価格は以下で表示されています。

 

Aidos Kuneen(ADK)の特徴

1:優れた匿名性

AIdos Kuneenは「I2P」と呼ばれる技術により取引(トランザクション)の匿名性を保護しています。

また「AKshuffle」というものを実装することで取引を不可視化し、誰しもが取引を追跡不可能とすることを目指しています。

2:DAG系通貨

AIdos KuneenはDAG系の通貨であり、いわゆるビットコインのブロックチェーン技術を使用していません。代わりに「iMesh」という技術を採用しています。

iMeshは「DAG」という技術を応用したもので、取引の記録が網目状に繋げられています。

AIdos KuneenはDAG系の技術を採用することで、ブロックチェーンを採用している仮想通貨が抱えている「スケーラビリティ」の問題を解決することができるのです。

3:低い手数料

Aidos Kuneenは通貨の性質上、送金手数料が格安です。

その特性から少額の取引を何度も行う「マイクロトランザクション」での使用に適していると言えるでしょう。

4:日本人コミュニティの存在

Aidos Kuneenを購入しているのは主に日本人です。

2017年8月頃からインフルエンサー達がTwitterやブログなどでAidos Kuneenを紹介したことが知名度の向上と大きな値上がりに繋がったと言えるでしょう。

コミュニティが活発という事は、仮想通貨の将来性に大きな貢献をすることは間違いのない事実です。

Aidos Kuneen(ADK)の買い方と取引所

現在、Aidos Kuneenを扱っている取引所は世界に一つしかありません。

それが「Aidos Market」です。

公式サイト:https://aidosmarket.com

Aidos Marketは日本円に対応していないため、ここの取引所のアカウントを作成し、自分のアカウントにビットコインを送金する必要があります。

ビットコインを送金すればADKを購入することが可能です。

なおADKを扱っている取引所が他には無いため、Aidos Marketで購入する以外の方法はありません。

注意点

Aidos Marketは頻繁にメンテナンスを行い取引が停止します。

それもすぐに再開する訳ではなく、何日・何週間という単位で取引が停止します。

ここでしかADKは購入できませんが、あくまで自己責任で購入するよう注意してください。

まとめ

Aidos Kuneenはその特徴から大きな将来性がある一方で、取引所の不安定さ、ホルダーの特性からハイリターン・ハイリスクの仮想通貨であると思われます。

世界で一箇所の取引所(しかもADKの開発陣が運営している)でしか取り扱いがないということは、その取引所に全てを委ねている状態でもあるからです。

経験のある投資家が熟考の末に購入するのであれば、それは「投資」と言えると思いますが、初心者が闇雲に手をだす通貨では無いと私は思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする