【今後の値段は?】ビットコインキャッシュに隠された思惑と野望

スポンサーリンク

2017年8月1日にビットコインからハードフォークし誕生した仮想通貨ビットコインキャッシュ。

実はこのビットコインキャッシュにはビットコインを取り巻くマイナー達の思惑や野望が隠されているのはご存知だろうか?

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日にビットコインのハードフォークにより誕生した仮想通貨(アルトコイン)の一つである。

ビットコインキャッシュにはいくつかビットコインとは異なる点があるため、まずはその点に関して説明していく。

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して生み出されたが、ビットコインとは仕様が異なる点がいくつか存在する。

①ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MB

ビットコインのブロックサイズ(データ処理容量)は1MB(2017年9月時点)であるが、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBである。

②ビットコインキャッシュにSegwitは実装されていない

2017年8月にビットコインにはSegwitが実装されたが、ビットコインキャッシュはSegwit実装前にハードフォークし誕生したため、Segwitが実装されていない。

③ビットコインキャッシュにはEDAが導入されている

ビットコインキャッシュではEDAと呼ばれる独自のプログラムが導入されている。

EDAとはEmergency Difficulty Agreementの略で、マイニング難度を決定する規定。EDAでは「12時間に6ブロック以下」しか生成されないほどマイニング速度が低下した場合にマイニング難度が下がるようにプログラムされている。

同時にNDA(Normal Difficulty Agreement)というプログラムも組み込まれており「2016ブロックごとにハッシュレートを求め、前の2016ブロックに比べて劇的にハッシュレート(採掘力)が上昇した場合」はマイニング難度が難しくなる。

*マイニング難度が下がると、マイナーは1つのブロックのマイニングに必要な計算量と電力消費量が低下するため、手数料収入の利益率増加を見込むことが出来る。

ビットコインキャッシュには上記で挙げたような特徴が備わっているが、その理由を以下で解説していきたい。

ビットコインキャッシュが誕生した理由と目的

開発者達とマイナーの対立

ビットコインのハードフォークが行われ「ビットコインキャッシュ」が生み出されたそもそもの理由は、ビットコインの開発者達(コア派)とビットコインを採掘(管理)するマイナー達との意見の対立である。

元々ビットコインはブロックサイズが1MBであったが、ビットコインが普及するにつれてビットコインの取引量が増え、データの処理が1MBのブロックサイズでは間に合わなくなってきたのである。

そしてそれに伴い、ビットコインの送金時間も遅くなり、送金手数料も高騰し始めてしまった(ビットコインでは送金手数料を高く設定している順にデータの処理が行われる)。

このような状況のままでは、ビットコインが世界共通のデジタル通貨にすることは不可能だと考えた開発者達(コア派)はビットコインのデータ処理速度を上げるために「Segwit」と呼ばれる技術をビットコインに実装させることでビットコイン自体の性能を上げようとした(ブロックサイズの引き上げ)。

しかし、中国のマイナー達はこれに反対。その理由はビットコインのSegwitが実装されると中国マイナーたちが使っている「ASIC Boost」と呼ばれる装置が使用できなくなるからである。

このような意見対立が元になり、マイナー達が望む「Segwitが実装されておらずブロックサイズが大きくした」ビットコインキャッシュが誕生するに至ったのである。

ビットコインキャッシュの目的は?

その目的は、中国のマイナーがレガシーチェーン(ビットコイン)と対立し、問題が解決しなかった場合の退避先であると考えられている。

基本的に中国のマイナーは自分達が使っている「ASIC boost」を使用できなくなるようなビットコインの仕様変更はどうしても避けたいからだ。

 

そのため、もしもビットコイン自体にASIC boostが使えなくなったような仕様変更が起きた場合に「ASIC boostが使えて、かつビットコインの代替になりうる存在」がどうしても必要だった為にSegwit実装前にハードフォークしビットコインキャッシュを誕生させたのである。

 

ビットコインキャッシュの今後の値段は?

今後、万が一にも中国マイナー達が結託してビットコインからビットコインキャッシュへ乗り換えた場合、ビットコインのハッシュパワーの5割が流出することになりビットコイン(レガシーチェーン)は崩壊してしまう危険性がある。

*現在、ビットコインのマイナーの50%が中国である

 その場合はビットコインの値段が暴落し、ビットコインキャッシュの値段がビットコインを追い抜くことが考えられる。

以下にその理由を順を追って解説していく。

①ビットコインの採掘速度が半分にダウン

既存のビットコインのハッシュパワーが半分になった場合、ビットコインの採掘速度も半分になる

例えば今まで100人で計算していたものがいきなり50人になれば計算速度も半分になるため、ビットコインのブロック生成時間が「10分に1度」ではなく「20分に1度」になり、ビットコインの承認にかかる時間が必然的に2倍になるというものである。

 

もちろんビットコインの仕組みにより、いずれ採掘難易度は半分に調節される。

しかしそのタイミングは最長で2016ブロック先(およそ1ヶ月後)であり、この1ヶ月という時間はビットコインのシステム維持にとって致命的になりかねないのである

 

②ビットコイン価格の暴落を引き起こす

一般に、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)のコインでは「採掘難易度」はそのコインの価格に反映される。採掘難易度が難しいほど価値も高くなるという訳だ。

 

もしも中国のマイナー達が一斉にビットコインキャッシュに移った場合、1ヶ月後にビットコインの採掘難易度(ハッシュレート)が半分にまで落ちる。

難易度が簡単になればビットコインの価格も下落することが予想されるため、それを見越したビットコインの所有者は事前にビットコインを売却し始めるだろう。

 

その場合は1ヶ月を待たずして価格は一気に暴落することになる。

 

③残されたマイナー達も撤退を始める

ビットコインの価格が大きく下落した場合、最もデメリットを受けるのは残されているマイナー達である。

価格は下落したが採掘難易度は「まだ」簡単になっておらず、採掘難易度が下がるのは2016ブロックも先であるからだ。

 

採掘は大変なのに、得られる報酬は半減するわけだからランニングコストによっては赤字になる可能性もある。そうすれば残されたマイナーも抜けていくことが予想される。

 

ビットコインキャッシュのマイニングアルゴリズムはビットコインと類似しており、ビットコインをマイニングする装置でそのままビットコインキャッシュもマイニングが可能である。

 

そうなると、抜けたマイナーはどこへいくか?

それは当然ビットコインキャッシュだろう。

 

マイナーが抜けるに従って残されたビットコインのマイナーはさらに苦しい状況になる。まるで下落する通貨の損切りに間に合わなかったような状況だ。

 

また、ブロックの生成速度が急速に落ちていくことで利用者にとっても「いつまでも承認されない=ビットコインは全く使えない通貨」とみなされる。

その場合はさらに売られ、価格は下落を続け、マイナーのランニングコスト比の利益はどんどん悪化していく。

 

ブロック生成速度は亀のように遅くなり、採掘難易度の調整が行われる「2016ブロック」への道のりはさらに遠ざる。

このような状況に見切りをつけたマイナーがさらに抜けていきマイナーが完全にいなくなってしまった場合は、ビットコインのネットワークは完全に麻痺して機能しなくなる。

 

これがビットコインにとっては最悪の結末であり、ビットコインキャッシュにとっては最高の結末になるわけなのだ。

ビットコインキャッシュの値段の高騰

ビットコインキャッシュに移動したマイナー勢にとってマイニングの条件はレガシーチェーンと一緒である。

彼らからすればレガシーチェーンが崩壊すれば「ビットコイン」を名乗れるのは唯一自分たちの側(ビットコインキャッシュ)になることが分かっているのだ。

 

中国のマイナーは少数で多くの力を握っているため、結託して脱落者を出さないように談合することも比較的容易である。

 

また、JihanやRogerは既に大量のビットコインを所持している。

Jihanはもしもビットコインキャッシュに乗り換えるならば、寸前でビットコインを売り浴びせるだろう。

Rogerに関しては11月のビットコインの分裂問題が終わると同時にビットコインキャッシュに乗り換えることを暗にほのめかしてもいる。二人は親交があり、ロジャーに関してもビットコインの売り浴びせを行う可能性も考慮しなければならない。

もしもこのような事が実際に起きれば、ビットコインキャッシュの値段は暴騰することは間違い無いだろう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする