【LINK】仮想通貨ChainLinkの特徴と可能性

スポンサーリンク

ChainLinkについて

ChainLinkとは

ChainLinkとは「smartcontract社」が開発しているブロックチェーンのミドルウェアである。

このミドルウェア「ChainLink」を利用することで、イーサリアムなど様々なネットワーク上のスマートコントラクトをオフチェーンの外部リソース(銀行の支払いなど)と繋ぐことが可能になる。

現在のところ、イーサリアム・ビットコイン・HyperLedgerの3種類のスマートコントラクトに対応したChainLinkが開発されている。

LINKネットワーク

またChainLinkを利用して形成される「LINKネットワーク」は、外部の主要なデータへのアクセス、オフチェーン支払い、その他のAPI機能を安全に提供することができる最初の「分散化Oracleネットワーク」でもある。

このLINKネットワークを利用することで、データフィードや現地支払いなどの有用なオフチェーンサービス、または他のAPI能力を持つ人はLINKトークンと引き換えに、それらをスマートコントラクトに直接提供できるようになる。

また開発者として特定のAPIを使用しチェーンリンクのノードオペレーターになることで、LINKトークンを貰うことが出来る。

LINKトークンの用途

①ChainLinkの使用料の支払いとして

Ethereumのようなネットワーク上のスマートコントラクトがChainLinkを使用するためには
選択したチェーンリンクノードオペレーターに対して「彼らのChainLinkが提供し、他の同様のリソースの供給するオフチェーンのリソースの需要に基づいてノードオペレータによって価格が設定された」対価をLINKトークンを使用して支払う必要がある。

②ノードオペレーターに対する報酬として

チェーンリンクネットワークは
 
・オフチェーンのデータフィードからのデータ検索
・ブロックチェーンへのデータのフォーマット
・オフチェーン・コンピューティング
・オペレータとして彼らが提供する稼働時間保証
 
これらに対する対価としてノードオペレーターに対しLINKトークンを支払う

ChainLinkの可能性

SWIFT、スマートコントラクト社と提携し実証実験を実施 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース
Swift(国際銀行間通信協会)がニューヨークに拠点を置くSmartContract社と提携し、ブロックチェーンの実証実験を行った。 SmartContractは、昨年2016年に設立されたブロックチェーンスタートアップだ。同社は、Smart Oracleなどのプロックチェーン技術を使用したシステム開発を行っており、2...

ChainLinkは既にSwiftと提携し実証実験を行っている。

*Swiftとは金融機関向けに国際間データ通信サービスを提供している団体。世界の大部分における国際送金を担っている巨大組織 である

 
スポンサーリンク

この記事をシェアする