【DDF】仮想通貨 DigitalDevelopersFund の特徴と可能性

スポンサーリンク

DDFとは

DDF(デジタル・デベロッパーズ・ファンド)は投資ファンドである。主に「ドメイン名」と「暗号通貨」へ投資を行い利益を出すことを目的としている。DDFは「投資を安全かつ確実に管理する実績がある」ということをホワイトペーパー内で強調。

DDFの投資の焦点

①ドメイン名への投資

インターネットの不動産であるドメインへの投資。DDFは既に数千に及ぶ高い価値のついたドメイン名を取得し販売することで利益を得てきた実績がある(現在は1350以上のプレミアムドメインを所有)

②暗号通貨への投資
 
ビットコインやイーサリアムだけでなく、アルトコインへの投資、ICOへの投資を行い利益を出す。
 
③準備基金(Reserve fund)
 
ファンド資産の15%は常にBTC、ETHおよび現金からなる準備金として保有されている。
 
 

DDFトークンの用途

 
DDFでは4半期ごとにトークンホルダーに対しトークンの保有割合に応じて利益の分配が行われる。株でいう配当金のようなもの。イーサリアムによって配当がもらえる。
 
*最初の利益分配は2017年9月30日。
 
DDFでは純利益の50%が投資家に分配される。
 
*なお5%以上の純利益が無ければ配当はもらえない。以下公式サイトより
  • 0-5%純利益:0%パフォーマンス料金
  • 5-10%の純利益:5%のパフォーマンス料金
  • 10-15%の純利益:12%のパフォーマンス料金
  • > 15%の純利益:15%のパフォーマンス料金
  • 残りの部分(50%からパフォーマンス手数料を差し引いたところで少なくとも35%が再投資される

ここがよくわからん・・

DDFのパートナー

仮想通貨ではTAASとパートナーシップを結んでいる。

DDFのICO

*2017年8月のICOで約2百万ドルを調達

スポンサーリンク

この記事をシェアする