【仮想通貨イーサリアム】ビットコインとの違いと将来性について

スポンサーリンク

この記事では仮想通貨「イーサリアム」について、他の仮想通貨とは異なる特徴やプラットフォームとしての将来性、ビットコインとの違いなどについて解説しています。

仮想通貨Etherium(イーサリアム)とは

Ethereum(イーサリアム)とは「分散型アプリケーションのプラットフォーム」です。

イーサリアムはブロックチェーン技術をベースとして「アプリケーションを作成するためのプラットフォーム」を開発しています。

プラットフォーム自体は既に2015年にリリースされていますが、現在もこのプラットフォームの機能性を高めるために改良を重ねている段階です。

*アプリケーションとは「webページを閲覧する」「誰かとコミュニケーションをとる」「写真を加工する」といった何らかの作業をするためのソフトウェアのこと。スマホのアプリと混同しないように。

一般的に「イーサリアム」と言うと「ビットコインのようなデジタル通貨自体」を思い浮かべるかもしれませんが、イーサリアム自体は上記のプラットフォームを指します。

そして、イーサリアムの通貨単位である「ETH」は一般的にイーサリアムのアプリケーションを実行するための燃料を意味します。

Etherium(イーサリアム)の特徴

イーサリアムのプラットフォームがどう優れているのか?

ここではイーサリアムの特徴について説明していきます。

①Smart Contract(スマートコントラクト)

イーサリアム最大の特徴はなんといっても「Smart Contract(スマートコントラクト)」です。

*スマートコントラクトとは、取引の記録と共に「契約それ自体もブロックチェーンに記録することが可能」な技術です。

イーサリアムのプラットフォームを利用する事でこのスマートコントラクト機能を利用することが出来るようになりますが、これを利用する事で本来であれば契約書を介するような取引を第三者機関無しで実現可能にすることが可能になります。

更に、イーサリアムはブロックチェーン技術を利用しているため、取引の記録に加えて契約情報も半永久的にブロックチェーン上に保存することができます。

イーサリアムのプラットフォームは、この「スマートコントラクト」が実装されているために、様々な分野でのアプリケーションの開発に利用・応用することが可能なのです。

②イーサリアムトークン(ERC20)

もう一つの特徴は、イーサリアムを利用して新しいアプリケーションを開発する場合、イーサリアムのブロックチェーンから新しい通貨(トークン)を発行することが出来ることです。

そして、このようにして発行されたトークンをイーサリアムトークン(通称:ERC20)と呼びます。

*例えば、Braveブラウザが開発しているBasicAttensionToken(BAT)もイーサリアムをベースにして開発されており、発行された「BAT」それ自体がイーサリアムトークンです。

一般的に仮想通貨のトークンは、銘柄に応じて個々に別のウォレットを用意しなければならなりません。

しかし、これらERC20は全てイーサリアムをベースにしたトークンであるため、同一のイーサリアムウォレットでの保管が可能なのです。

イーサリアムとビットコインとの違い

少し話が複雑でなんだかよく分からないという人は、ビットコインとイーサリアムの違いをざっくり知っておくのが良いと思います。

ビットコインはブロックチェーン技術を用いた「デジタル通貨それ自体が存在理由」です。ビットコインは現在の日本円などの通貨の代替となりうるものとして開発されています。

イーサリアムはブロックチェーン技術を利用して「分散型アプリケーションのプラットフォームを開発することを目的」とし、それに付随する燃料として仮想通貨である「ETH(イーサリアムトークン)」を発行しました。

つまり、ビットコインもイーサリアムもブロックチェーン技術を利用している点は共通していますが、一般的に「仮想通貨イーサリアム」と言われている「ETH」それ自体はデジタル通貨それ自体を存在理由とはしてはいないのです。

そのため、イーサリアムが将来ビットコインの代わりとして世界の基軸通貨になる可能性は極めて低いでしょう。

Etherium(イーサリアム)の開発状況

2016年〜2017年10月:Homestead(ホームステッド )

イーサリアムの「ホームステッド」ではブロックチェーンの分岐を防ぐためにマイニングの難易度を調整し、運用ルールが修正・実行されました。

このバージョンアップによりプラットフォームは安定性を増し、多くの企業やプロジェクトでEthereumを利用したアプリケーションの開発が行われました。

2017年10月9日〜:Metropolis(メトロポリス)

メトロポリスでは以下の4つが行われる予定です。

①プライバシー保護の強化 (匿名性の高いトランザクション)

②セキュリティの強化 (ユーザー自身で秘密鍵のアドレスを決めることができる)

③スマートコントラクトの簡易化 (プログラミングの負担軽減)

④PoWからPoS移行への準備

*2017年10月15日にメトロポリスの第一段階のハードフォーク「ビザンチウム」が行われました。メトロポリスへのバージョンアップは2017年12月に完了する予定です。

201X:Serenity (セレニティ)

現時点ではアップデートの詳細な日時は不明です。

セレニティではマイニングアルゴリズムを「Proof of Work」から「Proof of Stake」へ移行する予定です。

まとめ

イーサリアムの特徴やビットコインとの違いについてご理解いただけたでしょうか。

イーサリアムのプラットフォームは世界を根底から変える可能性を持つほど潜在的可能性のある技術です。

投資家としてはイーサリアムの価格が最も気になるところですが、これからイーサリアムが実生活に利便性をもたらすほどに価格が上昇することを期待したいところですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする