【IXT】仮想通貨 InsureX(iXledger)の特徴と可能性

スポンサーリンク

InsureX(iXledger)とは

InsureX(2017年8月、iXledgerに名称変更)は、イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーン技術をベースとした保険市場のプラットホームを開発している。

InsureXは「保険会社・再保険会社・代理店」に対しブロックチェーン技術を利用したプラットフォームを提供することで、既存の多様で複雑化した非効率な取引を「より良いシンプルに効率的に行えるもの」へ変えることを目的としている。

つまりどういうことか?

ブロックチェーン技術を用いる事で現在の複雑多様な保険の取引を、シンプルで簡単にしてやろうじゃないかという事。

InsureX(iXledger)の機能について

InsureXのマーケットプレイスを利用するには会員となる必要があり、年ごとに「サブスクリプション方式」での課金を行う。

①保険の売買

保険会社はマーケットプレイスに「販売したい保険情報を出品」し、それらを購入したい企業は「検索やリスティング通知で求める保険を見つけることが可能」である。

②トランザクションの実行

参加者が保険の規約に同意した際は、トランザクションが分散台帳に記帳される。

各ステップはプラットフォーム上で追跡可能であり、必要権限を持った参加者は同じ情報をリアルタイムで共有することが可能である。

*トランザクションには手数料が課される

③ポートフォリオでの管理

ユーザーは実行したトランザクションや重要な指標を「ポートフォリオ機能」によって管理可能である。

*これはリスクや請求、成果などの情報を可視化するのに役立つ

④市場分析

各地域や各業界の様々な情報や統計情報をリアルタイムでの提供を行う

IXT(トークン)の役割

IXTは以下の役割を果たす

①トランザクションの実行手数料

②データ提供の報酬

③プラットフォームへのアクセス料

④APIライセンス料

【補足】

プラットフォーム上で集められた手数料のうち一部は消滅する。

これによりIXTを使用する際の予測可能で効果的な報酬構造が構築され、残ったIXT はプラットフォームの運用と成長に再投資される。

InsureX(iXledger)の提携パートナー

InsureXは2017年8月29日に世界的な再保険会社「Gen Re」との戦略的提携を発表。

iXledgerとGen Reが戦略的提携を発表
iXledgerとGen Reが戦略的提携を発表 AsiaNet 69296 (1044) 【ロンドン、ニューヨーク2017年8月29日PR Newswire=共同通信JBN】ブロックチェーンを活用し...

スポンサーリンク

この記事をシェアする