【仮想通貨】Metaverse(ETP)の特徴や可能性について

スポンサーリンク

この記事では中国の仮想通貨銘柄であるMetaverse(ティッカーはETP)について、特徴や可能性について解説しています。

Metaverseについて

Metaverseは、ブロックチェーン技術に基づき開発されたスマートプロパティとデジタルアイデンティティの分散型オープンプラットフォームです。

Metaverseの目的は、デジタル資産、デジタルアイデンティティ、およびオラクルを組み合わせてスマートプロパティのWebを構築することによって「インターネットの価値」のインフラストラクチャーを確立することです。

Metaverseの特徴と機能

Metaverseの主な機能は以下になります。

デジタル資産の登録

Metaverseでは数回のクリックで、チェーン上にデジタル資産を所有することができます。

デジタルアイデンティティ(アバター)の設計

Metaverseではアバターを作成できます。

1つのアバターはブロックチェーン上に複数のデジタル資産を所有することができ、記録は永遠にブロックチェーン上に保存されます。

オラクルミッドレイヤー

デジタル資産取引では、ブロックチェーン上に仲介業者が必要です。

Metaverseのオラクルはブロックチェーン間の一種の仲介者として機能し、現実の世界との間のリンクとして機能することが可能です。

分散型取引所

ユーザーはMetaverse上で自由に簡単に価値を交換できます。

Metaverseのトークン情報

・総供給量:1億トークン

・循環供給量:2260万トークン(ICOにて配布)

・メタバース財団所有トークン:2740万トークン

・Powマイニングへの割り当て:3000万トークン

Metaverseの可能性について

中国ではFacebookやグーグルの代わりにWeChatやBaiduを使っているように、Metaverseは中国版のEthereumとも呼ばれているようです。

Metaverseプロジェクトは、中国のブロックチェーンデジタル資産とブロックチェーンニュースを専門とする中国の企業「ViewFin.com」によって率いられていますが、同社は、fintechおよびデジタル資産のシニアエキスパートである「Eric Gu(CEO)」と中国のブロックチェーン業界の有名なオピニオンリーダーによって設立されました。。

またMetaverseブロックチェーン技術は、既にZenGold(金準備金に裏打ちされたデジタルトークンを提供)のような企業と提携しています。

スポンサーリンク

この記事をシェアする