【TRST】仮想通貨Trustcoinの特徴と可能性

スポンサーリンク

仮想通貨Trustcoinとは

仮想通貨Trustcoinを発行している「WeTrust」は、イーサリアムのブロックチェーン技術を利用して「金融商品のための分散化プラットフォーム」を開発している。

WeTrustの目的は、分散化された金融サービスを提供し、高額な(手数料のかかる)第三者機関無しで誰もが平等で公平な金融サービスにアクセスすることが出来るようにするための包括的な金融システムを提供することである。

それを実現するため、Wetrustは「ROSCA」という概念を導入した分散型アプリケーション「TLC(Trusted Lending Circle)」を開発している。

このアプリケーションを利用することで、世界に20億人以上いる銀行を持たない人であっても、お金を借りることができるようになる。

なお、TrustcoinはこのTLCの中で通貨としての役割を果たすトークンである。

以下ではこのアプリケーションの仕組みを解説していきたい。

ROSCAとアプリケーション

ROSCAの概念とは

ROSCAはローテーション・セービング・アンド・クレジット・アソシエーション(Rotating Savings and Credit Association)の略で、相反援助の一形態であり、状況に応じて参加者が資金を借りることを可能にする相互融資プラットフォームである。

ROSCAは、ピア・ツー・ピア・バンキングとピア・ツー・ピアの貸し出しサービスを同時に行うものであり、財政的排除(銀行を持つことが出来ない)が一般的である途上国で最も一般的に使用されている。

家族関係、文化、言語、または宗教的な関係のような共同債券のために、通常ある程度の信頼を持つ個人が一緒に集まり、ROSCAを形成する。

会議を行いROSCAのメンバーは、各メンバーが均等に事前に決められた金額を寄付する形で資金を集める。そして参加者の1人(通常、最も緊急に資金が必要な人)は、全体の金額を受け取る。

そしてこのROSCAのすべてのメンバーがプールされたお金を利用する機会を得るまで、同じプロセスが繰り返されます。

このシステムは、プールされるお金を最初に受け取った人に対して少しの料金を課し、それを最後に使用するものには料金を与えることによって資金提供者に報酬を与えるために使用することができる。

TLCアプリケーション

WeTrustがROSCAの概念に基づいて開発しているアプリケーション「TLC(Trusted Lending Circle)」では、メンバーは「既存のROSCA」に参加することと「独自のROSCA」を作成することができる。

ROSCAに必要な数のメンバーが設定されると、ユーザーは一定の間隔(ピリオド)でお金をプールし(ポット)、ピリオド毎にプールされたお金はこのROSCAに参加しているメンバーの「一人」が利用できるようになる。

このROSCAから資金を受け取る人を決定する方法

参加ユーザーはピリオド毎に「資本の必要性の緊急性」に基づいて金額を決定し、ポットに入札を行い(緊急度が高い人ほど低い金額を提示する必要がある)、最も低いオファーを持っている入札者がポットを取る。

たとえば、参加者が4人のROSCAにおいてポットが40ドルであり(この場合一人の負担金は10ドルである)最低入札価格が35ドルの場合、最低入札価格を提示した者が35ドルを受け取り、残りの5ドルは他の3人のメンバーによって均等に分配される。

一度ポットを受け取った者は同サイクル内(この場合は4回が1サイクルである)で2度ポットのお金を受け取ることは出来ない。

そして同じことを4人の参加者がいる場合は1サイクル繰り返す。

そして最後までポットからお金を受け取らなかったメンバー(一度も最低落札価格を提示しなかったメンバー)は、最終回でポットのお金を丸々受け取ることが出来る(この場合は最高額の40ドル)。

このようにして、ポットのお金を最初に受け取ったメンバーは借りた金額よりも高い金額を返さなければならないが、最後までポットのお金を受け取らなかったメンバーは貸したお金よりも高い金額を受け取ることができる。

上記の例であれば、一番最初にポットから35$のお金を借りたアダムは最終的に40$を支払って36.66$を受け取った事になる。

しかし最後までポットのお金を受け取らなかった Dianeは、40$を支払って43.33$を受け取ったことになる。

この仕組みは要するに、早く融資を受けたい人は早期に融資を受け取ることができるが受けた金額よりも大きい金額を返す必要があり、最後まで融資を受け取らなかった人(お金を貸し続けた人)が最終的に融資した金額よりも大きい金額を受け取ることが出来るようになるということである。

これがTLCのROSCAの仕組みである。

WeTrustはこのようなシステムを分散型アプリケーションを開発し普及させることで実現しようとしているのである。

ロードマップ

WeTrustが現在開発中のアプリケーションTLC(Trusted Lending Circle)はロードマップによれば2017年12月に完成版がリリースされる予定である。

なお、試作品第一段階のアルファが10月中旬、第二段階のベータが11月末にリリース予定である。

スポンサーリンク

この記事をシェアする